読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clojureの環境構築

何を思ったのか突然Clojureをやろうと思って環境の構築だけしたので忘れないために残しておく。

 

Clojureのインストールに関して調べてみるとLeiningen(ライニンゲンと読むらしい)を利用してやるほうがおすすめらしい。

自分はmacを使用しているのでhomebrewを利用してとりあえずインストール

brew install leiningen

インストールが完了したら準備完了

ターミナルでプロジェクトを生成したいディレクトリまで移動して

lein new プロジェクト名

↑のコマンドの処理が完了するとプロジェクト名に指定した名前と同名のフォルダが出来ているのでその下の階層に移動してfindコマンドを利用して直下のファイルを見てみる。

% find .
.
./.DS_Store
./.gitignore
./doc
./doc/intro.md
./LICENSE
./project.clj
./README.md
./resources
./src
./src/.DS_Store
./src/my_stuff
./src/my_stuff/core.clj
./test
./test/my_stuff
./test/my_stuff/core_test.clj

こんな感じにファイルが出来てれば問題なし

問題なければrepleを起動

% lein repl

nREPL server started on port 60715 on host 127.0.0.1
REPL-y 0.3.0
Clojure 1.5.1
    Docs: (doc function-name-here)
          (find-doc "part-of-name-here")
  Source: (source function-name-here)
 Javadoc: (javadoc java-object-or-class-here)
    Exit: Control+D or (exit) or (quit)
 Results: Stored in vars *1, *2, *3, an exception in *e
 user=>

「user=>」の表示が確認できたらClojureのコードを実際打ってみて動けばOK

IDEで進める場合Eclipseプラグインを入れればプロジェクト作成やコード補完もしてくれるらしい

eclipseにインストールする場合
http://updatesite.counterclockwise.googlecode.com/hg/
ここからインストール

ただ、ADTを利用してインストール使用したら失敗して普通のeclipseだと成功した。原因はわからんがADT側でなんかあるのかもしれん